【ボーントゥーラン】書評

カテゴリー: 伝記 本
2016年11月07日(月) 短縮URL:http://mirei.biz/?p=1006

 

ブルーススプリングティーン

グラミー賞を20回。圧倒的巨匠。

彼の自伝が発表されました。

天才の心の内を知りたくて購入。

resized_01

荒削りでストレートでピュア。アメリカの良心と言われる彼の音楽。

僕は大学に入学。舞台芸術を専攻。しょっぱなに彼の音楽に打ちのめされる。

新しい環境の中で会った、すべてのノスタルジーを唾棄して突き進む疾走感。

”俺たちみたいな宿無し草は走るために生まれて来たんだ”

音楽に信じられる何かが宿っていた。

神様のギフトのような曲達。

彼の生い立ち

彼にとって成長は苦難の連続。

ゴミあさりをして命をつなぐ貧しさ。

苛烈ないじめ。

父親の理不尽な暴力。

しかし、それらこそが、ロックンロールの火を燃やす燃料だという。

彼の言う「決して消してはならない心の中の火」は生い立ちの中にあったようです。

ヒット曲をつくるために

彼は過酷な時代の情景がふと過った。

血のにおい。

命のたぎり。

その感覚を持って色んなレコードを朝から晩まで聞きまくった。

名曲は時代に触発されているのかと関心。

おすすめする理由

語りかけるように流れるような文体。

上下700ページ以上ある本を1時間半で一気に読んでしまいました。

音楽も文章も同じ。

だからボーントゥーラン。かっこ良すぎる。

最高におすすめの本です。

 

 

ページトップへ